はじめてのマインドマップ高校生講座
2010年7月23日(金) 開催

マインドマップで学ぶキャリアデザイン講座
2010年7月29日(木) 開催

講座の様子+参加者のことば

高校生の時期は、勉強の仕方が各自で整ってきている頃です。この時期に「学び方」を学ぶということは、それまでの自分への挑戦でもあり、自分の殻を破るというエネルギーが必要になります。
毎日の毎日の勉強に役立つ記憶や小論文、受験対策も大切ですが、今回は、それらの基盤となる「キャリアデザイン講座」を実施致しました。

キャリアデザイン講座では、以下の内容を実践しました。

・現在と将来をイメージすることの大切さを、発明家のエジソン、プロゴルファーの石川遼選手やプロ野球選手のイチロー選手の生き方。学び方を例に理解を深めます。
・自分のあるべき未来をイメージし、それに日付をつけて具体的に絵を描きます。
・描かれた絵をセントラルイメージにして、マインドマップで未来像を構築していきます。

 


参加者のことば

・実習の時間がとても有意義でした。考えがまとまらず思い悩んでいるときや、自分の人生を考え先を見通すなかで非常に使えると思いました。今、何をすべきかと悩んでいたのですが、この講座でこれからどう生きていくのかを真剣に考え、そのために今何をすべきかが分かりました。ありがとうございました。(穐鹿響介さん・高1)

・自分の理想の姿がイメージできました。気持ちが沈んだ時や自分の状況を整理するとき、不安を感じたときなどに使いたいです。(山近百花さん 高1)

 


・先生がユニークで楽しかったです。受講生に話させることで一方通行ではない講座になっていました。情緒不安定になったときや自分の考えや心を整理したいとき、小説を書くとき等に利用したいです。実際にマップをかいてみて将来がイメージできたこと、また、そこに向かっていく段階が想像できました。それは、勉強などに取り組むモチベーションを上げると思います。(松岡由真さん・高3)